ミツカンとイオン(株)の株価の動きとは

ミツカンは現在上場されていないために、その株価を把握することはできないものとなっています。ミツカングループは企業としてはかなり大手ではありますが、同族経営の方針をとっていることから株式の公開予定はないものとなります。業績そのものは良いと見られていますし、海外企業の買収の話も出ていることから、ミツカンが上場されれば絶好の投資対象にはなると見られています。一方でイオン(株)の株価は、長い低迷を抜けて上場基調に乗っています。しかもその勢いは強く、25日移動平均線が75日移動平均線を上に抜いてから乖離したままの状態を続けています。これは売り上げが順調に増加基調にあることが背景にあります。利益率で見るとまだ強さは見られませんが、この売り上げが利益率に結びつくようになると、さらなる株価の上昇も期待されます。イオン(株)のチャートの値動きだけを見ると天井がいつになるのかと危惧される面もありますが、株価自体はまだ割安であると判断されています。長期においても短期においても、買い安心感があります。株式相場の動きに連動している面もあるので、この勢いがどこまで続くのかは未知数ではありますが、当面は買いポジションを取ることには不安は無いと見られています。ただし、これからイオン(株)を購入しようとする人にとってはエントリーのタイミングが取りづらいことも事実です。押しの下げを見せたならば下げへの反転も危惧されることから買いづらいですし、かといって強い上昇の中で買い進むのも勇気が必要となります。そのような背景から新たな買い注文が入るか否かがこれからの上昇を支持するかの判断材料にもなります。これからは業績ではなくテクニカル的な判断で動くことが予想されます。