レカムやタカラレーベン等株価の動きはそれぞれ違う

株価の値動きというのはそれぞれ癖があり、その違いをしっかりと掴んで投資をすることで利益を上げることができます。
東証一部のタカラレーベンのような企業と、ジャスダック市場のレカムとではその値動きにも大きな違いがあります。
まず、タカラレーベンのような東証一部の銘柄というのは比較的ゆるやかな動きを見せることが多く、新興市場のように数日で株価が倍になったり、あるいは半値になってしまうということはそれほど多くはありません。
もちろん、大きな好材料がでたり悪材料がでたりした場合には株価が乱高下することもありますが、基本的は相場の地合いによって緩やかに動くものとなっています。

一方のレカムは新興市場に上場していることもあり、突発的なことで株価が乱高下することも珍しくありません。
レカムの場合低位株であることもあり、数円の値動きが大きな影響をあたえるものとなっていて投資をする際にはリスクのあるものとなっています。
また、レカム自体が業績が安定している企業ではないため、株価が安定しづらくその点でもリスクのあるものとなってしまいます。
しかし、株価が安定しないということは突如として大きく吹き上がることも考えられるだけに、大きな利益を狙いたいという目的を持ってある程度のリスクを覚悟の上で投資をすれば大きなリターンを見込むことができるものとなっています。

株というのは大きな利益を出すことができそうな銘柄というのはそれだけリスクを取る必要があり、逆にリスクを抑えて安定した投資をしたいと考えれば、短期間で大きな利益を見込むこと難しいものとなっています。
このように株というのは、常にリスクとリターンがトレードオフの関係となったものになっています。